ブログ
blog

2015.06.05

ダイヤモンドにおけるクラリティとは

ダイヤモンドは国際的に統一した基準が明確に確立されているため品質が保たれています。
ダイヤモンドの品質を評価する方法として、国際的な統一基準である【4C】と呼ばれる4つの要素による評価があります。

 

「クラリティ」は【4C】のひとつで、ダイヤモンドを評価するために重要な一つの要素です。

クラリティは英語で「透明度」や「清澄」などの意味を持つ言葉です。

 

ダイヤモンドが形成される過程の中で、ダイヤモンドの内部にインクルージョン(包有物)や外部にブレミッシュ(傷)が生まれます。
ごくまれに包有物が全くないダイヤモンドが存在します。

そのようなダイヤモンドは大変希少で価値も高いですが、ほとんどのダイヤモンドには包有物があります。

 

ダイヤモンドのクラリティは包有物や傷の多少、位置や程度よって等級分けされています。

 

インクルージョンや傷は非常に小さいため、熟練した専門家でないと見た目は全く同じに見えるかもしれませんが、

細かく見るとクラリティが全然違うということもあります。

 

ダイヤモンドのインクルージョンやブレミッシュは一つとして同じものはありません。

それは私たちと同じようにひとつひとつのダイヤモンドの個性なのです。

 

たとえ包有物があったとしても、輝きに影響を与えない程度のものであれば、

ダイヤモンド本来の美しさは損なわれることはありません。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら