ブログ
blog

2015.06.23

赤外線分光テストで分かることとは

みなさんは赤外分光法というものを聞いたことがあるでしょうか?

 

振動スペクトルを直接測定する通常の方法の一つとして赤外分光法があります。

 

この方法により、簡単に言うと測定対象がダイヤモンドの輝きを有するかそうでないかということがわかります。

 

ダイヤモンドは不純物である窒素元素の有無により、
主に2つのタイプに区別されます。
そして、タイプごとに結晶欠陥や光吸収スペクトルが異なります。

 

適切にカットされたダイヤモンドの表面は
平坦で凹凸が無いため、光の反射能力は非常に良いです。

 

ダイヤモンドの屈折率は、2.417であるのですが、
ダイヤモンドは0.044という高い分散率を有する為、
カットダイヤモンドの炎のようにきらめく「輝き」がはっきりと認識できます。

 

「輝き」は透明な宝石の中で観測されるプリズム効果のきらめきによるものです。
宝石という観点から言うとすると、
これは恐らく最も重要なダイヤモンドの物質特性であるといえます。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら