ブログ
blog

2015.06.29

自然葬における注意点

「自然葬」という言葉を聞いた事はありますか。

何度かこのブログでもお伝えしましたが簡単にご説明すると

自然葬とは、ご遺骨を自然に還すことを目的とした葬法のことをいいます。

 

日本であれば、海や川へ火葬したご遺灰をお還しします。

海外では一般的に広く利用されている葬法です。

 

自然葬のひとつに「散骨」があります。

ご遺骨を細かいパウダー状の遺灰にし海や川へと流し故人を自然に還す方法です。
散骨をする際に忘れてはならない注意すべき点があります。

 

散骨を行う場所には特に指定がありません。

ですが海や公園などの公共の場で散骨をする場合には、
必ず所有者に同意をもらうようにしましょう。

自宅で散骨をするのであれば、了承をとる必要がありませんし、

故人様の慣れ親しんだ土地なのでよいかも知れません。

 

最近ではお墓を持たずに散骨を希望する方も多いと聞きます。

生前のうちにどのような葬法を希望するかを

ご自身で書きとめておくことで

残された家族が悩まずに対応がとれることでしょう。

 

自然葬を好む人の多くは、
お墓などの固定された場所ではなく
風とともに自然に戻りたいということを理由として挙げます。

 

葬法について、一度家族で話し合っておく事も良いかもしれませんね。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら