ブログ
blog

2015.07.07

ダイヤモンドのお手入れ方法

ダイヤモンドは宝石の中でも「強い」とされています。

 

しかしやはり正しく手入れをしなければ、
傷がついてしまったり価値が落ちてしまう場合があります。

自宅でダイヤモンドを保管する際に気をつけるべきことを知っておくと、傷つけることを回避できるでしょう。

 

ダイヤモンドは炭素がしっかりと結合しており、物質では一番硬いものとされています。

しかし、ダイヤモンド同士がぶつかりあうと傷がついてしまうことがあります。

他の宝石と衝突するとその宝石に傷をつけてしまうおそれもあります。そのため保管の際は、必ず宝石同士がぶつからないようにしてください。

一つずつ布で包む、または区切りを使用するなどの工夫して保管しましょう。

 

ダイヤモンドの具体的なお手入れ方法としては、ブラッシングをすることです。
ブラシや布などで定期的にぬぐうと良いでしょう。
ダイヤモンドは油がつきやすい性質がありますので手垢などにより輝きにくすみが出てきます。

熱に強いので暑いお湯につけ、表面の汚れを浮き上がらせてからやわらかい布で拭くと輝きがよみがえります。

 

より丁寧にお手入れをしたい場合は、6ヶ月から1年に一度定期点検に出すことをおすすめします。
同時に超音波洗浄などでクリーニングもしてもらえば、より効果的です。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら