ブログ
blog

2015.07.11

手元供養が注目される理由とは

人が亡くなられた時、従来はほとんどの場合火葬後お墓に埋葬されていました。

しかし、最近では様々な新しい供養方法が生み出されています。
その中でも今回は「手元供養」についてお伝えします。
死というのは人間誰にでも訪れるものですが、やはり身近な人の死とは大変辛く悲しいものです。

 

故人と少しでも長く側にいたい、近くにいたい、そばで見守っていてほしいというのは、

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

手元供養はこれらの想いに寄り添う方法としてとても注目されております。

手元供養の中でよく知られているものの一つに供養ジュエリーがあります。
故人のご遺骨やご遺品などをダイヤモンドに生まれ変わらせてから、
ペンダントやリングに加工することができます。

 

身につけられるということから非常に高い人気を誇っています。
他にもミニ骨壷も注目されています。

小さな骨壷であるため、カバンなどに入れて持ち歩くことができるのです。

また他にも卓上墓、遺灰を使ってオブジェなどをつくる、

もしくは中に入れるなどといった手元供養が現代では行われています。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら