ブログ
blog

2015.07.15

樹木葬のメリットについて

近年はさまざまなカタチの埋葬方法があります。
樹木葬もそのなかのひとつです。

樹木葬は墓石を墓標とする従来の埋葬とは異なり、 木や草花を植え、
その下に骨を埋め自然に還す、というイメージです。

桜の木の下での桜葬や、庭園の中に埋めるの庭園葬があります。

墓石の中にとどまりたくない、という気持ちの人にとても人気です。
また、自然への回帰がイメージしやすく、人気を集めるひとつの理由です。

今回は樹木葬のメリットについて紹介いたします。

・個人墓として利用していることが多く、墓地の継承を必要としない
一般的な墓石は継承するものですが、最近は継承者がいない、という問題があります。樹木葬なら個人墓であることが多いため、墓地を継承する必要がありません。

・一般の埋葬とは異なり、墓を管理する必要がない
樹木葬の場合、永代供養などと同じように、霊園・墓地側が管理を行ってくれます。

・散骨よりもお墓の形態に近く、供養もしやすい
お墓がない埋葬としては散骨も有名ですが、散骨の場合は後にお参りをする場所がないため、どう供養するか悩むことがあります。
樹木葬は同じ自然葬でありながら、お参りをする墓標があるため、供養する場合でも安心できます。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら