ブログ
blog

2015.07.21

現代的な供養方法について

近年はさまざまなカタチの埋葬方法があります。

その変化に至った理由としましては、
核家族化や居住空間の洋式化などです。

このような住空間やライフスタイルの価値観の変化は、
仏壇や供養への考え方にも及んでいます。

今回は、その現代的な供養方法の中でもユニークなものを紹介していきます。

・月面散骨
ご遺骨の一部をカプセルに詰め月面に打ち上げます。

・宇宙葬
故人のご遺骨などをカプセルなどに納めて、
ロケット等に載せて宇宙空間(多くは地球を周回する軌道上)に打ち上げる散骨の一形態です。

・冷凍葬
これはスウェーデンの企業が開発した技術です。
ご遺体を火葬にしないで、超低温で冷却し、粉末状にして地下に埋葬して、土に返すというものです。

冷凍葬というと、遺体を冷凍保存するのかと誤解なさるかもしれませんが、冷凍保存とは全く次元の異なる手法です。

・花火葬
これはオーストラリアで開発されたサービスです。
現在はペット葬での需要に応じています。
花火の中にご遺骨を入れこんで花火として打ち上げる、というものです。

いかがでしたでしょうか。

現代には様々な供養方法があります。
当社ではご遺骨から合成ダイヤモンドをお作りするという
新しい形での供養方法をご提案しております。
是非一度ご相談ください。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら