ブログ
blog

2015.08.11

ダイヤモンドと出会うまで

ダイヤモンドは炭素の同素体として知られています。

つまり炭素のみでできている結晶体がダイヤモンドなのです。

 

ダイヤモンドが炭素なら、エンピツの芯や炭を固めたらダイヤモンドになるの?

と疑問に思う方も多いでしょう。

ですが、単に炭を固めればできるというものではありません。
では一体、ダイヤモンドはどうやってできるのでしょうか。
天然のダイヤモンドは地球内部で生まれます。
土の中ならどこでもよいわけではなく、地中深くの

高温で高圧の一定条件がそろった場所で生成されます。

 

地球内部は中心の核から、いくつかの層になっており、

その内の一つにマントルという層があります。
このマントルの条件下において、高温高圧にさらされた炭素が

ダイヤモンドの結晶となるのです。

 

ですが、このままでは私たちはダイヤモンドと出会うことはできません。

 

ダイヤモンドが私たちの住む地表に出てくるためには、

火山の噴火により一気に上昇する必要があるそうです。

 

ゆっくりと地表に現れると、ダイヤモンドは黒鉛の塊になってしまうそうです。

 

このような噴火は数億年に一度しか起こりません。

そのため私たちの出会うダイヤモンドはとても希少で価値があるのです。

 

 

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら