ブログ
blog

2015.08.23

手元供養にはどんな種類があるの?

「亡くなったらお墓に納めるもの」というイメージですが 実は法律ではお墓にご遺骨を納めることを義務としていません。

 

お墓に納めない弔い方の一つに 手元供養という選択肢がございます。 最愛の方のご遺骨を身近に置くことで いつでも心を寄せることができますね。

 

今回はそんな手元供養の種類についてご紹介したいと思います。

 

・小さなお墓タイプ  一般のお住まい向けの小さな骨壷などがございます。

和風で格式高い雰囲気のものから インテリアとしてもお部屋に自然と馴染む モダンなデザインのものまで様々なものが販売されています。

 

・オブジェタイプ  ご遺骨をしまい飾るものとして 骨壷からさらにモダンになったものもございます。

例えばお地蔵様型の焼き物の人形であったり 名前が書かれたプレートなどにするものもございます。

 

・アクセサリータイプ  個人の忘れ形見を肌身離さず持てるものとして アクセサリーという選択肢もございます。

小さなプレートにご遺骨を納めたネックレスや 指輪など種類がたくさんあり 年代性別に合わせたデザインも魅力の一つです。

その中ではご遺骨をダイヤモンドに加工するメモリアルダイヤモンドも人気の一つです。

 

ご遺骨を納めるものはどうしても ボリューミーなシルエットになってしまいがちですが ダイヤモンドに加工すれば自然と生活に溶け込むことができ いつまでもその故人様の輝きを失いません。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら