ブログ
blog

2015.08.31

献花をする時のマナーとは

献花を行う際にマナーがあることをご存知でしょうか。
今回は、献花を行う際のマナーについてご説明させていただきます。

献花とは、葬儀告別式では、参列者が焼香をする代わりに、お花を1本ずつ祭壇に捧げるかたちです。

キリスト教では、葬儀の際に焼香はしませんが、
参列者が祭壇に1本ずつ白い花を供えていきます。
近年では、オリジナルで献花を行う場合も増えております。

キリスト教の献花に使われる花は白い花で、生花を必ず用いており造花はNGとされています。
花の種類は問いませんが、カーネーションや菊などが良く用いられます。
バラは棘があるため、故人が特に好きだった場合以外は用いません 。

作法としては、

葬儀場の係の人から花を受け取ります。
花は必ず両手で受け取るようにしましょう。
この状態で献花台の前まで進みます。
左手の向きを変えて、受け手にします。
左手だけで花の茎を支えて、右手を一度離します。
左手で花を回転させながら、外側から右手で改めて花を持ちます花の部分が手前に来るようにします。
この向きで花を献花台に捧げます(=静かに置く)
故人の遺影に一礼し、二、三歩下がったのち遺族や神父・牧師に一礼します。

一般的な作法を理解しつつ、地域による風習の違いについても

できるだけ確認してから参列するように心がけたいですね。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら