ブログ
blog

2015.09.06

多様化する葬法

日本は火葬がもっとも一般的です。

 

他国では、土葬が多く行われております。

日本でも江戸時代は土葬が行われておりましたが、

現在は99%以上が火葬されており、その率は世界一です。

 

それは、衛生面的な問題と少ない土地の有効利用のためだとされています。

 

国土が狭く、特に人口密集地の都市部ほど、墓地不足が問題になっています。
土葬を行う広い墓地はなかなか、確保ができません。
火葬後のご遺骨を埋葬する墓地の確保ですら、難しくなってきております。

近年では、墓地だけではなく、樹木葬、散骨などの様々な葬法が行われております。
その中で手元供養という選択肢も生まれています。

 

自身の最期をどのように過ごすか、どのような供養を望むかということを

前向きに考える方が増えてきたため、家族で話し合い決めておかれる方も多くなりました。

 

ただ墓地に参拝するだけでなく、常に一緒にいられるかたちでの

供養を求める方が増えてきておられるのです。

 

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら