ブログ
blog

2015.09.14

葬儀、お通夜、告別式の違い?

今回は「お通夜」「葬儀」「告別式」についてご紹介します。
亡くなられた方が自分とどのような関係だったのかにより どれに出席するかも違ってきます。

 

 

まずは「お通夜」
お通夜は葬儀と告別式の前日に行われます。

お通夜では親族や親しかった人が亡骸のそばで、 ご冥福を祈りお別れを惜しみむものです。
以前は親族のみで行うのが一般的でしたが、

近年は葬儀・告別式に参列できない方が通夜に参列するのが主流です。
式はだいたい1時間2時間程度ですが、親族は故人とともに一晩を過ごします。

 
次に「葬儀」
葬儀は一般的にお通夜の翌日に行われます。

お坊さんがお経を読み、死者を葬る儀式です。

出棺や火葬もこの葬儀に含まれます。

基本的に葬儀は親族などの近親者のみで行われます。

 
そして「告別式」
告別式もお通夜の翌日で、葬儀の後に行われます。
会葬した人たちが、焼香や献花をもって死者に対してお別れをする儀式のことです。
そもそも「葬儀」と「告別式」は本来分かれているものでした。
近年は「葬儀・告別式」として同時に行うことが一般的となっています。

 

葬儀と告別式の時間が分けられている場合は、友人や知人程度の関係であれば

葬儀の時間は待機し、後半の告別式から出席するようにしましょう。

 

親しい人が亡くなった場合、できるだけお通夜と葬儀の両方に参列するのがよいでしょう。
しかしどうしても都合がつかない場合は、どちらか一方でも問題ありません。
突然の訃報に際し、故人との別れを惜しむ気持ちが何よりも大切です。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら