ブログ
blog

2015.09.22

分骨とは?

分骨とは故人の遺骨を分けて別々に納骨することをいいます。

お葬式の後、ご遺骨は通常一つのお墓に納骨されますが 、近年の核家族化により、

地元から離れて暮らす方も多く先祖代々の墓にお参りすることができなくなって

しまうといった場合が少なくありません。

そのため、分骨し新しい居住地にもう一つお墓を作り納骨する方が増えてきました。

 

また、必ず納骨するのではなく、ご遺骨の一部をそのまま、または加工して

手元供養される方が近年多く見受けられます。

 

お骨の捉え方は人それぞれあり、分骨すると故人の魂が分かれてしまうため

成仏できないという方もいらっしゃいますが、仏教的にはこのような教えはありません。

宗派によっては、遺骨の一部を本山に、残りの遺骨を先祖からの墓に納骨することもされています。

 

手元供養のため分骨を行う際は、分骨証明書は必要ありません。

ただし、のちにお墓に納骨する予定がある場合は分骨証明書が必要となるため

事前に用意してほうがよいでしょう。

 

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら