ブログ
blog

2015.10.12

ペットロスへの周囲の配慮

ペットロスで苦しんでいる方は、好んで悲しみにくれているわけではありません。
ですが、ペットを飼ったことがないため、気持ちが理解できない方や、

あまりの落ち込みようにどのように接するのがよいのかわからない方もいるでしょう。
人を慰める方法に正解はありませんが、相手を思いやりながら、

 

 

ペットロスからの回復を早めてあげる一番の方法は、

ただ寄り添い、悲しむ方の言葉に真剣に耳を傾け、気持ちを聞いてあげることだと思います。

 

ただ私たちは、いつまでも落ち込んでいる相手を見ていると、

とても居た堪れない気持ちから、回復を急がせる行動をとりがちです。
相手を想う気持ちからそのような行動に出てしまうのですが、

できれば傷を深めたり、さらに落ち込ませる行動は避けたいものです。
できれば避けたい接し方の注意点をいくつかとりあげてみましょう。

 

■ 『たかがペット』と軽んじた発言を行うこと。
失った側からすれば大切な家族の一員です。

たとえ悪意がなくても決して使ってはならない言葉の一つです。
■ 元気付けようといろんなところへ無理に連れ出す。

 

気持ちの整理がついていない人を無理に連れ出すのは逆効果です。
ペットとの別れときちんと向き合い、悲しむ時間を作ることがまず何より大切です。
■ペットは寿命が短いから、みんな経験することだよ。と言葉をかける。

 

大切なペットとの時間は飼い主にとって唯一の時間です。他人と比較されるものではありません。
そのペットとどのような時間を過ごしたのか、大切な思い出話に耳を傾けてあげるように心がけましょう。

 

特別なことは必要ないと思います。

励ましや渇を入れるのではなく、できる限り悲しみに寄り添う心を持って

あせらずに見守る気持ちで接するように心がけたいものです。

 

ペットの毛・遺骨からメモリアルダイヤモンドをつくる。
プレシャスワンオフィシャルサイトはこちら

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら