ブログ
blog

2015.10.16

キャラットとは

ダイヤモンドの評価基準の4Cのうちの一つにキャラットというものがあります。

キャラットという言葉はよく聞くものの、具体的に何をあらわすかをご存知でしょうか?

 

キャラットは、ダイヤモンドの質量をあらわします。
1キャラット=0.2グラムで、〜ctと表記されます。
カラットともいいます。

 

グラムと聞くと大きさと関連付けてしまいがちですが、同じキャロット数でも、
ダイヤモンドの見た目の大きさは大きく変わるのです。

 

その差は形の違いにあります。
例えば、上下方向に厚いダイヤは直径が小さくなりますが、
逆に、上下方向に薄く幅広なダイヤモンドは大きく見えます。

 

縦長い円柱と横長い円柱を並べて上から見て、横長い円柱が大きく見えてしまうのと同じことですね。

後者のようなダイヤモンドは、キャラット数が小さい場合、なんとなく透けて見えてしまい、
ダイヤモンド特有の鋭い輝きが損なってしまうかもしれません。

大きく見えて、かつ輝きを放つダイヤモンドのキャロット数が選ばれるのも納得ですね。

 

ダイヤモンドの大きさと重さは同じではないことをぜひ覚えておいて下さい。

キャラット(カラット)は質量という確実に検証できる事実がある分、鑑定士の判断による差異がなく
4Cの中でも最も信ぴょう性のあるデータとなります。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら