ブログ
blog

2015.10.22

家族葬にはどこまで参列するの?

近年は大勢の人を呼んで行われるお葬式よりも、小規模で行われるものが増えてきました。

小規模なお葬式のひとつに、家族葬というものがあります。
家族葬とは家族内でのみ行われるお葬式をいいます。

 

家族内でとは言ったものの、家族葬の場合はどこまでの家族と呼べば良いのでしょうか?

一般的には、直系の家族・故人の子供の家族・故人の配偶者の父母・故人の兄弟までを参列者の範囲と考えます。

直系の家族とは、故人の両親と跡取りである一組の子夫婦・およびその跡取りからなる家族全員をいいます。

 

しかし、これはあくまで一般的な範囲であり、明確な定義があるわけではありません。

故人様との関係性によって遠い親戚であろうと呼んだほうがいいことがあるかもしれないですね。家族同然の付き合いをしてきたご親戚がいらっしゃれば最期のお別れなのですからお呼びするに越したことはありません。

 

家族葬を行う場合は、親戚やご近所の方には家族のみで行い、お香典なども辞退するということをしっかり伝えましょう。

そのうえで、どうしても来ていただきたい方がいらっしゃればご招待するようにしましょう。

しかし、その場合は他の親戚の方や友人知人などにもしっかりと説明することを怠ってはいけません。

呼ばれていないと不満を感じさせてしまっては、トラブルに繋がりかねませんので注意する必要があります。また偲ぶ会など別の場をもうけるのもよいかもしれません。

 

故人様の思いを大切にすることがかたちや定義よりなにより一番かもしません。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら