ブログ
blog

2015.10.28

遺族女性のヘアスタイルマナー

お葬式に参列するさいは身だしなみに気を使いますよね。
故人に近しい親族であったり、喪主になるとなればなおさらです。

 

特に女性の場合は、男性よりも自由度が高い分、服装やメイクの仕方に注意を払うことでしょう。
身だしなみに気を使う際、大きなポイントとなるのが「髪型」です。
髪の色やスタイルが、その人の印象を大きく左右します。
特にお葬式ともなると、目立ちことははばかれますので避けたいものです。
髪色は黒色、または暗めの茶色にしましょう。

 

服装を喪服など黒で統一するのは当然ですが、全体が黒で統一されている分、髪が明るいとよけいに目立ってしまいます。

最近では一時的な黒染めをすることは容易にできますので、明るい髪色で行くことだけは避けましょう。

 

また、ロングヘアの場合は長い髪が邪魔にならないようにまとめるようにしましょう。
お辞儀をした時に髪が邪魔になるようでは印象がよくありません。

セミロング程度で肩につかない程度の長さの方は、内巻きになるようにするかハーフアップにすることをおすすめします。

 

髪をまとめるときのヘアアクセサリーもすべて黒色のものにしましょう。

色が黒色でもシュシュやバレッタを使う際には、光沢のある派手目のものは避けましょう。

 

葬儀は一時的なものですから、その場に限っては個人的な好みはぬきにして
故人を偲ぶ場にあった身だしなみを心がけ、ご遺族の気持ちに配慮することが何より大切なことです。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら