ブログ
blog

2015.10.30

お香典のマナー

お葬式に参列する際に用意しなければならないのがお香典です。
お香典の包み方、書き方のマナーはご存知でしょうか?
参列する前にあわてて調べて書いているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

香典の表書きは、お葬式を出す家の宗教によって異なります。
ですので、まずは先方の宗教を確認するようにしましょう。
わからない場合、 「御霊前」と書くとほとんどの宗教で問題はありません。

そして香典袋は必ず結びきりの水引のものを使用します。
裏側の折り方にも注意が必要です。
慶事ごととは逆で、先に下側を折り、次に上の折りを重ねます。
返しが下を向くことで悲しみを表しているためです。

お金は中包みに入れて、それを香典袋で包みます。
中包みには住所、氏名、金額を書きます。
香典袋の表は、中央に自分の氏名を書き、裏面には住所、氏名、金額を書きます。
そうすることでご遺族が後から整理しやすくなります。
香典袋に書くときは筆ペンの薄墨で書くようにしましょう。

金額は亡くなったかたが親しい方だったのか、顔見知り程度なのかなど 故人との関係によって変わってきます。
香典袋はそのまま鞄やポケットに入れたりせずに、きちんとふくさに包んで持参しましょう

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら