ブログ
blog

2015.11.03

直葬の注意点

直葬とは、通夜や告別式を行わず近しい親族や家族のみで火葬のみ行うものです。

近年このような直葬が増えつつあります。

 

その理由には経済的事情や信仰心が薄い場合や無宗教のためなどが多いようです。
葬儀費用の平均が236万円とされることに対し、通夜・告別式を行わない直葬は
20数万円で執り行え、かなりかかる費用を抑えることができます。
他にも、地域のコミュニティーが薄れて参列者が集まらない、
血縁に乏しい人が増えたことで故人ゆかりの人を集める必要性が薄いなど

理由は様々ですが お葬式が簡単に行えるものではないということが伝わってきますね。

 

上記のような理由もあって近年増加してきた直葬ですが、行ううえでいくつか注意点があります。
まず、親族や周囲の知人にしっかり理解してもらった上で行いましょう。
故人に対してしっかりお別れをしたい人もいるかもしれません。

 

また故人が無宗教の方だからといって、宗教儀式を全く行わないことに

抵抗があるという方もいるかもしれません。
そのような場合は、葬儀業者によっては依頼すれば、お寺さんに連絡を取り、

火葬炉の前でお経を読んでもらうこともできますので事前に相談が必要です。

 

また、臨終から火葬まで最小限 24時間は置かねばなりません。
そのためご自宅にて安置できる場合はよいですが、それが難しい場合は霊安室が必要となります。

 

寺院墓地にお墓を持つ場合は特に注意が必要です。

許可なく直葬すると菩提寺に納骨させてもらえない場合もあります。

 

直葬を選ぶ場合でも、本当に最善の選択なのかについては、

注意点を踏まえながらしっかり生前に考えておくことが必要かもしれません。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら