ブログ
blog

2015.11.11

◯終活ですることとは②

前回は終活の内容の内、お墓、葬儀、エンディングノートについて
ご紹介いたしました。

今回は遺言書と遺産相続、片付けについてご紹介いたします。

・遺言書と遺産相続

親族が亡くなったあと、
ご遺族でトラブルになりやすいのは相続問題です。

誰が何をどれだけ相続するのか、
故人の希望が分からなければご遺族で話し合うことになります。

また、遺産がどれだけあるのかも親族ではわからないこともあります。

ですので、遺言書を書いておく必要があります。

遺言書を書いておくことで、トラブルになることもなく、
またご自身の希望通りにすることができます。

また、遺言書は法的に有効になるものにするため、
いくつかの決まりがございます。

せっかくの遺言書が無駄にならないよう、
書き方を調べてから書くと良いでしょう。

遺言書は代理で作成することもできますので、
ご自身では書けない状態だという方も大丈夫ですよ。

・片付け

ご遺族に一番つらいことの一つとして、遺品整理が挙げられます。

すべての荷物をそのままに置いておくと、
ご遺族にかかる負担はとても大きいものになります。

衣類や家電など処分できるものは事前に処分しておくと良いでしょう。

いかがでしたか?

ご自身の希望を叶えつつ、ご遺族の負担を減らせる終活、
あなたも始めませんか?

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら