ブログ
blog

2015.11.29

◯エンディングノートには種類があります

エンディングノートは自分の気持ちや希望を記し、
残しておけるノートです。

時にはそれを参考にご遺族が葬儀を行ったりすることもあります。

そんなエンディングノートにもいくつかの種類があります。

主に4つのタイプに分かれていて、

・じっくり書くタイプ
・適切に情報を伝えるタイプ
・想いを綴る、伝えるタイプ
・気軽に書くタイプ

の4つに分けられます。

じっくり書きたい場合は、
簡単な説明書きのあるノートが良いでしょう。

適切に情報(遺産や葬儀に関してなど)を伝えたい場合は
シンプルなものをおすすめします。

箇条書きもしやすく、
項目別に分けられるようなページがあると良いですね。

想いを綴る、伝えるタイプは罫線のあるタイプで、
メッセージのように書けるページのあるノートをおすすめします。

宛名別に書けるとなお良いですね。

気軽に書くタイプは日記のように思ったことをサッと書けるよう
自由度の高いノートにしましょう。

絵なども描きたいという方には罫線のないタイプのものが
適していますよ。

いかがでしたか?

ご自身がエンディングノートをどのように使いたいかを
考えてみてくださいね。

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら