ブログ
blog

2015.12.13

◯カラットが重視される理由とは?

ダイヤモンドの金銭的価値を左右する要素は、Carat(カラット、重さ、大きさ)、Color(カラー、色)、Clarity(クラリティ、内包物)、 Cut(カット、カットの様子)の4つから成ります。

なかでも、ダイヤモンドのカッティングを重要視する人が多数いるようです。

ダイヤモンドが輝きが一番の重要な要素であると考える人にとってカットこそ大事だからです。

ダイヤモンドの優れた屈折率と、その屈折率から決定されるアイディアルカットによって輝きが変わるのがダイヤモンドの特性です。

現実には数学的に理想のアイディアルカットの58面体に削るのは、ダイヤモンドが一般的に小さく、それに細かい作業が必要なため困難です。

それにより理想のアイディアルカットからは少しはずれる形状に出来上がります。

ずれるほど輝きも減りますから、そのずれが小さいほど良質で高価なものにつながります。

カットはカラットが大きいほど容易になり、理想からのずれも小さくなりやすくなります。

そういう点ではよりカラットが大きいダイヤのほうがカットも良質な商品が多い可能性が高まります。

そのため、ダイヤではカラットも重視されます。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら