ブログ
blog

2015.12.19

◯知らなければ恥!喪服のマナー(女性編)

知らなければ恥ずかしい喪服のマナー、あなたはご存知ですか。

女性の場合、喪服は黒のフォーマルスーツかワンピースで、長袖が原則とされてはいますが、夏の暑い場合は七分丈・五分丈・半袖でもよいでしょう。

女性の場合、特に気をつけて欲しいのがスカート丈です。

哀しみの気持ちを表すためにも肌はなるべく露出を避けた方が無難です。

スカートは必ずひざ下になるものを着用しましょう。

若い方でもミニスカートでは失礼にあたります。

また、アクセサリーは基本NGではあるがパールのネックレスならOKです。

ただし、ネックレスは必ず1連のものにすることを忘れてはいけません。

2連のものは不祝儀ではタブーです。

2連のネックレスは不幸な出来事が二重に重なると言われています。

哀しみにくれるご遺族に対して大変失礼なことですから、十分に注意してください。

また、小物なども注意しましょう。

バッグや靴は革製のものを身につけてはいけません。

革製品は動物を殺生してつくられたものですから、不祝儀の場には相応しくありません。

布製のあまり華美ではない黒い色の小物を身につけるようにしましょう。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら