ブログ
blog

2015.12.31

◯喪主は誰がする?

人が亡くなった場合、喪主は誰がするのかを決めることが大切になります。

基本的には故人の配偶者が喪主となります。

しかし、長男、次男以降直系の男子、長女、長女以降直系の女子、故人の両親が行う場合もあります。

故人の年齢や故人をとりまく家族の状況によって、喪主は様々となります。

遺言に喪主の指定があった場合はそれに従うことが必要です。

遺言がない場合は、残された家族で話し合い、向いた人をひとり決めることが大切です。

喪主は葬儀内容を決めたり弔問客や僧侶への応対をしなければならない、大事な仕事があります。

こういったことをうまくやっていけるような人を選ぶことが大切です。

多くの場合は、兄弟が何人かいると、小さい時から、長男、長女といった上になる立場の子供が、まとめ役としての仕事を任せられるようになります。

したがって、知らず知らずのうちに、親戚との付き合いや関係を把握するように育っていきます。

したがって、配偶者、長男、長女、次男、次女といった順序で、喪主としてふさわしい人を家族間で認識しておきます。

折りに触れて、家族でそういった話をしておくことも大切なこととなります。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら