ブログ
blog

2016.01.04

天然ダイヤモンドと人工ダイヤモンドの違い

ダイヤモンドはその美しい輝きから、どの時代も女性の憧れのもので、主に指輪やネックレスなどの装飾品に使われています。

 

 

以前は当然のことながら自然界が作り出した天然のダイヤモンドしかありませんでした。
しかし1900年代に長年の研究により、人工的に作られたダイヤモンドが誕生しました。
そのため、人工的に作られたものは合成ダイヤモンド、自然界で採られたものは天然ダイヤモンドと区別して呼ばれるようになりました。

 

 

完成当初は、大きなダイヤモンドを合成することも困難だったため主に工業用に利用されていました。
合成ダイヤモンドの特性は合成方法により異なります。硬さや熱伝導性が天然ダイヤモンドよりも優れる特性を有する合成ダイヤモンドは研磨材として重宝されています。

 

 

近年では硬度、また宝飾品としての輝き、全て天然と変わらないダイヤモンドを人工的に作り出せるようになり、用途が拡大してます。また技術の進歩により、宝飾品として利用できる大きさのダイヤモンドも作製できるようになりました。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら