ブログ
blog

2016.02.03

◯鑑定書について

ダイヤモンドは高価な宝石として、これまで多くの人に選ばれてきました。

その価値を公的な機関が証明するものとして発行されるのが鑑定書ですが、その価値を証明するものとして、活用されています。

ダイヤモンドの価値を表す数値として、グレーディングリポートでは、4Cにより品質の管理が行われています。
4Cは、色(color)、透明度(clarity)、重さ(carat)、研磨(カット)の4項目を表しており、それぞれの項目の頭文字をとって、4Cと略表記されています。
ダイヤモンドはグレーディングリポートに記載されたこの数値により、その価値が公的に証明されています。

また入手したダイヤモンドを売買することになった場合には、グレーディングリポートがその品質を証明してくれるため、記載されている4Cの数値がその価値の裏付けになります。

いくら高額そうなダイヤモンドであっても、グレーディングリポートがない場合には、その価値は公的に認められているとは言えません。
ダイヤモンドの場合もグレーディングリポートがあることで、その価値が公的に認められるものということができるでしょう。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら