ブログ
blog

2016.02.07

◯知っていましたか?ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドを評価する基準として4Cと呼ばれる項目があり、それぞれの項目においてランク分けが行われています。

このことによってダイヤモンドの価値が判断されることになりますが、実際に4Cの中には研磨に起因するカットという項目があります。

原石からカットを行って磨き上げる方法になり、有名なカット方法ではブリリアントカットなどを挙げることができます。

次にクラリティと呼ばれる透明度に関しても重要視されています。
10倍に拡大を行って目視点検を行う方法ですが、内包物などの状態によって変わる内容があり、できるだけ透明度の高いものが優れたダイヤモンドとして取り扱われています。

カラットと呼ばれる重量に関する内容も4Cに含まれています。
一般的にはカラット数の大きなものが価値を持つことになりますが、全体的なバランスというものも考慮される内容になり、重量は非常に大切な項目として知られています。

最後にカラーとして、色によって分けられる内容もあります。
ダイヤモンドの場合では無色透明なものが価値が高くつくことが一般的ですが、現在ではピンクダイヤモンドのように人気の種類も存在しています。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら