ブログ
blog

2016.02.09

◯ファセットカットとは

アクセサリーなどを選ぶ時には、全体的なデザインだけでなく宝石のカットの方法までこだわることで、より自分らしい物を選ぶことが出来ます。

宝石のカットの方法にはたくさんの種類がありますが、中でもよく使われるのが「ファセットカット」という方法です。

ファセットとは宝石の切子面とという意味があります。
宝石の表面にたくさんの小さな面を作ることで、宝石の透明度と光の反射をより良くすることが出来るのです。

宝石の表面を滑らかに磨く「カボションカット」とは反対の方法です。

宝石の種類によってファセットカットにするのかカボションカットにするのかを変えなければならないので、宝石店の店員にどのようなカットにすることでより綺麗に仕上げることが出来るか相談しましょう。

またファセットカットはブリリアンカットとステップカットという二種類の方法に分けられています。
ブリリアントカットはダイヤモンドによく施されるカットの方法です。
他のステップカットに比べて、輝きが非常に美しいのが特徴です。
ステップカットは四角に宝石をカットする方法です。
ブリリアントカットに比べて、壊れにくいのが最大の特徴です。

特徴をよく理解して、カットの方法を選びましょう。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら