ブログ
blog

2016.02.23

◯なぜ、炭素からダイヤモンドを作れるのか

大切な方が亡くなった後で、その方の遺灰で合成ダイヤモンド合成ダイヤモンドを作るサービスが密かな人気となっています。
遺灰からあんなにキラキラと輝く美しいダイヤモンドができるなんて、ちょっと想像しにくいですよね。

どうしたら遺灰からダイヤモンドが作れるのでしょうか?
その理由は、ダイヤモンドは木炭・黒鉛と同じ炭素からできているということにあります。

ではどうして炭素がダイヤモンドに変化するのかを説明します。

まず合成ダイヤモンドを作る方法は2種類あります。

まず化学気相蒸着法と呼ばれるものは、炭素をプラズマ状態のガスに変化させ、その結晶を基板上で成長させるという方法です。

そしてもう一つは高温高圧と呼ばれる方法で、名前の通り高温高圧で黒鉛をダイヤモンドに変える方法になっています。

遺灰には炭素が含まれているので、愛する親族やペットが亡くなった時にその遺灰で合成ダイヤモンドを作るというサービスが始まりました。
出来上がっダイヤモンドはペンダントやブレスレットなどのジュエリー加工にすることで、いつでも身につけておけるのが最大のメリットです。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら