ブログ
blog

2017.11.29

米国ライフジェム本社に 行ってきました!レポート6

●ライフジェム社の安全性への取り組み

地球内部と同じ超高圧、超高温を生み出す装置を稼働させることには危険が伴います。そのため冷却装置や非常停止ボタンが準備され、また24時間体制でデータの監視を行い、安全面に配慮しています。

冷却装置と非常停止ボタン

 

100回ほど使用され、かなりの圧力により消耗したダイヤモンド合成装置内の合金。

 

●ダイヤモンド製造現場の見学を終えて

米国特許を取得しているライフジェム社のたぐい稀なる高い技術と少数精鋭の優秀なスタッフ。世界にただひとつのメモリアルダイヤモンドを作製するため、お申し込みからお届けまで一貫したIDでの管理。そして、世界各国のライフジェム社とつなぐ製造管理システム。これらが相まって、6000個以上の高品質な鑑定書付のダイヤモンドをお届けできていることを確信いたしました。

なお、お申し込みからお届けまでの期間についてもよくご質問をいただきます。
今回、ラボを見学して、天然のダイヤモンドと変わらない品質のダイヤモンドを丁寧におつくりするためには、高度な技術はもとより半年から8カ月の長い期間が必要であることを改めて確認しました。

 

ご遺骨、遺灰からつくるメモリアルダイヤモンドについて

くわしくはライフジェムジャパンのホームページでご確認ください。

http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら