ブログ
blog

2015.03.23

ダイヤモンドは何でできているの?

ダイヤモンドは先カンブリア紀に起きた
地殻変動で噴き出されたマントルからできた、
キンバーライトという火成岩の中から発見されます。

つまり形成されたのは少なくとも9億9千年前のことで、
地球上の生命が誕生するより前だという推測もあるのです。

1000℃から900℃の高温、
5kvarから60kvarの高圧力の中で結びついた炭素が
120km以上の深さから、音速を超えて
マッハ1.8の速度で地表近くまで噴出されて
一気に冷やされます。

この時に噴出の速度がたりず冷えるのが遅いと
黒鉛(グラファイト)になってしまします。

黒鉛は鉛筆の芯の材料でおなじみですね。

ダイヤモンドは黒鉛や炭と同じ材料てできていながら、
その生成条件はとても厳しいのです。

板状の結びつきが何枚も重なった形の結晶構造で
簡単にめくれる性質がある黒鉛との違いは、
結晶の構造が立体的に結びついた立方晶系であることです。

メモリアルダイヤモンドは、故人のご遺骨や毛髪から炭素を抽出し
自然界と同じ状態を人工的に作り出す装置により作られた
その方にとってただ一つのダイヤモンドのことです。

 

遺骨、遺灰ダイヤモンドの製造ならライフジェムジャパンにおまかせください。
http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら