ブログ
blog

2015.04.14

自然葬ってなに?

ご遺骨やご遺灰を川や海、
あるいは山などに撒く散骨の一種で、
「自然葬」という葬法があります。

 

 

世界では風葬・鳥葬などの、
鳥に死体を食べさせることによって魂が救われる、という思想や、
古くから墓石の下に眠らずに自然に還る、
という自然葬の思想的背景が確立している国も多くあり、
日本でも最近急速に自然葬がクローズアップされてきています。

 

 

日本の法律では、
自然葬は刑法の遺骨遺棄罪に問われる、という見解がありましたが、
平成3年に法務省が「宗教的感情を害さない限り、この限りではない」
との見解を出したため、散骨も市民権を得た形となりました。

 

 

自然葬が注目されだしたのも、
核家族化や次第に窮屈になっていくお墓事情が背景にあると考えられ、
宗教に縛られることなく、
日本では海や山への散骨や樹木葬が一般的になっており、
霊園の一角の植え込みや、
芝、または花などで区分けされた
スキャタリング・グランドと呼ばれる
樹木葬の場所にご遺灰を撒く方法も行われています。

 

 

 

遺骨、遺灰ダイヤモンドの製造ならライフジェムジャパンにおまかせください。
http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら