ブログ
blog

2015.04.26

樹木葬って何?

みなさんは、「樹木葬」をご存知でしょうか。

 

 

樹木葬というのは、自然葬のひとつで、
具体的には墓地として認められた里山にご遺骨を埋めて、
墓石の代わりに樹木を植える、という送葬方法です。

 

 

岩手県の一関市のお寺がはじめたものですが、
その後、各地に広まっていきました。

 

同じ自然葬でも、
海や山、川、湖などに骨を撒く散骨とは違い、
墓地に埋葬するので、
遺骨=>[ご遺骨]を細かく砕いたりする必要はありませんが、
場所を選ばずに出来るものではありませんので、
きちんとした埋葬許可証も必要になります。

 

 

また、自然保全への配慮から、
線香をあげたり供物をささげたりすることは禁止されています。

 

通常の墓石のお墓との違いは、継承者がいなくてもいいところです。

 

 

少子化や核家族化が進んだことや、
人々の意識の変化によって、
先祖代々のお墓を継承していく、ということが難しくなっている昨今、
従来のような墓所を借りて墓石を立てる、
という送葬方法に代わるものとして注目されています。

 

 

ちなみに、樹木葬にかかる費用は、
墓地の使用権と環境管理費などをすべて合わせると、
おおよそ50万円ほどになる、ということです。

 

 

遺骨、遺灰ダイヤモンドの製造ならライフジェムジャパンにおまかせください。
http://www.lifegem.co.jp/

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら