ブログ
blog

2015.05.02

ダイヤモンドよりルビーは硬いの?

弊社でご遺骨からお造りしているダイヤモンドは、

合成ダイヤモンドの部類に区別されています。
合成ダイヤモンドはその硬度、光沢、光輝は
天然ダイヤモンドと変わりありません。

 

 

宝石の中でも、代表的なダイヤモンドですが、
硬さにおいてはルビーに劣ります。

 

 

実際に、靭性を数値で表してみますと、
ルビー、サファイヤは8で、ダイヤモンドは7です。

 

 

数値が高いほど割れや欠けに強い目安になります。

 

靭性というのは、材料の粘り強さになります。

 

従って、割れにくさにおいてはダイヤモンドより、
ルビーやサファイアの方が高くなっているといえます。

 

 

一方、モース硬度ではダイヤモンドの方が勝っています。

 

 

ダイヤモンドの数値は10で、
ルビー、サファイヤは9になっていますので、
たとえば、ダイヤモンドとルビーをこすり合わせた時には、
ダイヤモンドには傷がつきませんが、
ルビーには傷がついてしまうようになります。

 

 

このような特性を持っているので、
ご遺骨からお造りするメモリアルダイヤモンドは、
傷がつきにくく永遠に手元や胸元でも宝石として
いつも身近に感じられるだけではなく、
美しさを保つことの出来る魅力があります。

 

 

 

遺骨、遺灰ダイヤモンドの製造ならライフジェムジャパンにおまかせください。
http://www.lifegem.co.jp/

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら