ブログ
blog

2015.05.04

お通夜や仮通夜の服装のマナーとは?

通夜での服装は、
一般客はお通夜も仮通夜も「不幸を聞いて取りあえず駆けつける」、
という意味合いが強いため、
グレーや紺の地味な平服でも問題ありません。

 

 

男性は白いワイシャツ、黒のネクタイをして、ネクタイピンはつけません。

 

 

勤務先や旅先から直行する場合でも、
途中で黒ネクタイや黒靴下を入手する心づかいはほしいものです。

 

 

なお、平服に喪章をつける必要はありません。

 

喪章は本来、親族が付けるものだからです。

 

女性の場合、地味な外出着でかまいませんが、
デザインが派手なものや光るものは避け、
アクセサリーは付けない方が無難です。

 

 

ファーやレザーなど生き物の皮製のものは、
殺生を意味し死を連想させるためつけないでおきましょう。

 

 

また、化粧もひかえめにします。

 

 

子供の服装については外出着の中で比較的落ち着いたものを選びましょう。

 

亡くなった直後に行われる仮通夜において、
完璧な喪服は、不幸を予期していたようで失礼にあたることもあります。

 

 

葬儀や告別式にはブラックフォーマルが原則です。

 

 

 

遺骨、遺灰ダイヤモンドの製造ならライフジェムジャパンにおまかせください。
http://www.lifegem.co.jp/

 

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら