ブログ
blog

2015.05.08

ご遺骨を自宅に置いてもいいの?

手元供養(もしくは自宅供養)という言葉をご存知でしょうか。

 

これは、従来のように寺院へお骨を納骨するのではなく、
自宅などの身近な場所に置くことによって、
故人の霊をしのぶ、という送葬方法のことです。

 

 

「お骨を自宅に置く」と聞くと、法律的に問題はないのか、
と疑問に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
お骨に関しては、正式な手続きを経て火葬されたお骨であれば、
どのように保管しても良く、
それを納めるための墓地と墓石を用意しなければならない、
という法律はありません。

 

 

ですので、当然ですが、
ご遺骨を自宅に置くことは法律に抵触する行為ではありません。

 

また、ご遺骨を加工してはならない、という法律も存在しません。

 

現に、ご遺骨のダイヤモンドや、
オブジェ・ペンダントへの加工も、
自宅供養のための加工であれば、
請け負ってくれる専門業者は数多く存在しています。

 

 

すでにお墓の中に入ってしまっているご遺骨を取り出して、
加工することも特に問題ありません。

 

 

悩んでいらっしゃる方は、
ぜひ、弊社にお問い合わせ下さいませ。

 

 

遺骨、遺灰ダイヤモンドの製造ならライフジェムジャパンにおまかせください。
http://www.lifegem.co.jp/

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら