ブログ
blog

2015.05.28

女性の喪服のマナーとは

亡くなった人や遺族に対しての礼と悲しみの気持ちを表現する喪服は、
葬儀にふさわしい服装を選びたいものです。

 

女性の喪服にもマナーがありますので、
失礼のないように準備しておきましょう。

 

透けた素材やノースリーブなどの肌が露出するものは避けましょう。

 

また、襟まわりが極端に大きいなど
人目を引くような派手なデザインも避けた方が良いです。

 

目立つネイルや結婚指輪以外のアクセサリー・時計も
基本的にはつけません。

 

装飾品は外しておき、
結婚指輪とパールの一連のネックレスのみが一般的です。

 

バッグは布製品を選びましょう。
革製品は殺生をイメージさせるためNGとされています。
持っていない場合は光沢と飾り気のないものを使うことがおすすめです。

 

また、暑い季節であっても、黒色のストッキングを必ず履きましょう。

 

悲しみの気持ちを表すものですから、
派手な装飾品は避けて遺族の気持ちに寄り添うことが大切です。

商品に関するご質問、お見積もりはお気軽にご相談ください。
メールでのお問い合わせはこちら